居酒屋の開業手続き/深夜酒類提供飲食店営業の届出

居酒屋の開業をサポートします

居酒屋の営業で深夜0時以降も営業する場合は、保健所から飲食店営業許可を取得して、管轄の警察署に「深夜酒類提供飲食店営業」の開始届出を提出します。
永井行政書士事務所では、忙しいお客様に代わり書類作成や測量から図面作成、警察署への申請手続きを代行しています。
図面の作成はCADソフトを使用して正確で分かりやすい図面を作成して、都内での「低価格な料金設定」を設定しています。
報酬額も低価格の50㎡まで55.000円(税別)、飲食店営業許可と同時に申請の場合は75.000円(税別)でお請けしています。
これからの開業をお考えの方は一度、お相談ください。

深夜酒類飲食店営業開業までの流れ

1 お問い合わせ

お電話でのご相談をお受けしています。
お客様のご希望する内容をお聞きして打ち合わせを致します。

2 店舗の測量

こちらから店舗にお伺いして客室や調理場を、レーザー測量機を使用して測量致します。保健所や警察署に申請する要件に変更要件などがあれば修正をお願いします。

3 飲食店営業許可の申請

新規でこれから「飲食店営業許可」を取得する場合は、申請書類を作成して保健所の立ち会い検査を行います。

4 書類、図面作成

「深夜酒類提供飲食店開業届出」に必要な書類や平面図、客室調理場求積図、営業所求積図、照明音響図などCADソフトを使用して作成致します。

新規開業の方でメニュー表が無い際はシステムなどをお聞きして作成致します。

5 警察署に申請

警察署に「深夜酒類提供飲食店開業届出」の申請を致します。10日後から深夜酒類飲食店営業が開始できます。

報酬額

居酒屋の営業で深夜0時以降も深夜酒類提供飲食店営業する場合

報酬費用(税込)

  • 深夜酒類飲食店届出 5.5万円(税別)
  • 飲食店営業&深夜酒類飲食店届出 7.5万円(税別)

※当事務所では50㎡までのセット料金として設定しています。

深夜酒類提供飲食店営業

飲食店営業許可申請について

これから居酒屋を開業するには、まず最初に保健所から飲食店営業の許可を取得します。

保健所の申請までの流れ

1.事前相談

営業所の設備を整えて保健所に相談をします。

2.申請手続き

営業所の設備を準備してから、管轄する保健所に申請をします。

3.申請書類について

  • 営業許可申請書
  • 営業所の図面
  • 水質検査成績書
  • 申請手数料
  • 宣誓書
  • 法人の場合 会社の謄本

深夜酒類提供飲食店営業について

深夜酒類提供飲食店営業ができる場所について

深夜酒類提供飲食店の営業は、住居地域や住居専門地域で営業が出来ません。
原則として認められている場所は、商業地域、近隣商業地域になります。
これから、店舗を借りて開業する方はこちらを確認してから契約をしてください。

設備などの基準

「深夜酒類提供飲食店営業の届出」をするにあたり、風営法で定められた設備の基準要件をクリアしなければなりません。

  • 客室の床面積は1室あたり9.5㎡以上。
    (客室1室の場合を除く)
  • 客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと。
    (高さ1m以上の衝立や間仕切りなどは設置できません。)
  • 客室内の明るさを調節できる設備(調光器)を設けない。
  • 営業所の照度が20ルクス以下にならないようにする。
  • 客室の出入口に施錠設備がないこと。
  • 騒音や振動の数値が都道府県条例の定めた数値以下にならないようにする。

内装をする際の注意点

内装工事をする際は、上記に記載した風営法に定められた規制があります
次に設定をする注意をして内装工事を行って下さい。

注意点

客室を複数に分けて使用する場合個室を設けるには、1室9.5㎡を確保する必要が有ります。これより狭い個室を作ってしまうと深夜酒類飲食店営業の申請が受理されなくなりますので注意が必要です。

客室の設備は1m以下に

『客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと』とされています。客室内に衝立や間仕切りや衝立などの設置は1mを越えないように設備をする必要が有ります。風営法の基準として従業員が客室内から全体が見通せることが必要になります。

カラオケを設置する場合は

居酒屋の営業でカラオケを入れて、お客さんが歌を歌って楽しむ事はできますが、都の条例で深夜0時を過ぎてからは、カラオケは禁止とされていますので、従業員がその件をお客さんに伝えて時間がきたらカラオケを終わるようにします。

関連記事