バーやガールズバーを開業するには

バーやガールズバーの開業手続き

バーやガールズバー、スナックなどを開業するには「深夜酒類提供飲食店営業開始届出」を営業所を管轄する警察署に申請をする必要があります。
また、接待を伴う営業をするには風俗営業許可を取得する事が必要になります。
永井行政書士事務所では、迅速、丁寧をモットーに業務を行っています。これから営業をお考えの方は一度、お電話での無料相談をお願いします。

報酬手数料

当事務所では、店舗面積が50㎡までは、バーやガールズバーなどの深夜営業飲食店は5.5万円(税別)、飲食店営業同時申請の場合は、7.5万円(税別)の低価格の料金で受任しています。

バーやガールズバーやスナック、バーで深夜酒類提供飲食店営業を行う場合のご説明をいたします。

開業までの流れ

1 お問い合わせ

これからの開業をお考えの方は、一度、お電話での無料相談を実施しています。お気軽にお電話ください。

2 店舗の測量

こちらから店舗にお伺いして客室や調理場を、レーザー測量機を使用して測量致します。
保健所や警察署に申請する設備の要件などを確認いします。

3 飲食店営業許可の申請

新規でこれから「飲食店営業許可」を取得する場合は、申請書類を作成して保健所の立ち会い検査を行います。

4 書類、図面作成

「深夜酒類提供飲食店開業届出」に必要な書類や平面図、客室調理場求積図、営業所求積図、照明音響図などCADソフトを使用して作成致します。新規開業の方でメニュー表が無い際はシステムなどをお聞きしてこちらで作成致します。

5 警察署に申請

警察署に「深夜酒類提供飲食店開業届出」の申請をします。一部の警察署によっては同行をお願い致します。申請受理後、10日後から「深夜酒類提供飲食店」の営業が出来ます。

ガールズバーに必要な届出とは

飲食店営業許可を取得

バーやガールズバーではお酒やおつまみなどをお客さんに提供するので「飲食店営業許可」の取得が必要になります。
飲食店営業許可の申請や相談も永井行政書士事務所にお任せ下さい。店舗の測量から保健所の申請まで代行致します。

飲食店営業の申請書類については、下記の一覧から詳しくご覧下さい。

深夜酒類飲食店営業に必要な書類

深夜酒類提供飲食店の申請書類については、下記の書類を管轄する警察署に申請をします。

申請書類

■深夜酒類提供飲食店営業開始届出書

■営業の方法の書面

■営業所近隣の略図

■平面図、客室求積図、照明音響図など各種図面

■住民票(本籍地入り)

■飲食店営業の許可証の写し

■料金表、メニュー表

■警察署によっては契約書の写しか使用承諾書が必要になります。

■法人の場合は会社の謄本、定款の写し、役員の住民票が必要です。

接待行為の判断基準とは

バー、ガールズバーではキャバクラやクラブなどでキャストの女性がお客さんの隣や前に座って歓談したりお酒の水割りを作ったりします。この様な行為は接待行為にあたり、深夜酒類飲食店営業では、接待行為ができません。
以下に主だった接待行為の例を挙げておきます。

接待』にあたる場合

■特定少数の客の近くにはべり、継続して談笑する相手となって、酒等の飲食物を提供する行為。
■ 特定少数の客の近くにはべり、その客に対し歌うことを勧奨し、若しくはその客の歌に手拍子をとり、拍手をし、若しくは褒めはやす行為。
■ 特定少数の客と共に、遊戯、ゲーム、競技等を行う行為。
■ 特定の客と身体を密着させたり、手を握る等客の身体に接触する行為。
■ 特定の客の口許まで飲食物を差出し、客に飲食させる行為。

遊興は0時までとされています

ガールズバーなどの深夜酒類飲食店営業では遊興は0時までとされています。

下記に遊興とは何かを説明します。

遊興の具体的な内容

  • 不特定の客にショー、ダンス、演奏その他の興業等を見せる行為
  • 不特定の客に歌手がその場で歌う歌、バンドの生演奏等を聴かせる行為
  • 客にダンスをさせる場所を設けるとともに、音楽や照明の演出等を行い、不特定の客にダンスをさせる行為
  • のど自慢大会等の遊技、ゲーム、競技等に不特定の客を参加させる行為
  • カラオケ装置を設けるとともに、不特定の客に歌うことを勧奨し不特定の客に歌に合わせて照明の演出、合いの手等を行い、又は不特定の客の歌を褒めは行為
  • バー等でスポーツ等の映像を不特定の客に見せるとともに客に呼びかけて応援等に参加させる行為

深夜酒類営業と風俗営業許可の違い

ここでは、風俗営業許可との主な違いについて解説します。
風俗営業許可とは、お客さんに対して接待行為をする場合に必要になる許可です。また、風俗営業許可を取った場合は午前0時以降(場所により1時まで)の営業はできません。

風俗営業許可深夜酒類提供飲食
許可.届出許可届出
営業時間原則、深夜0時まで
(場所により1時まで)
深夜0時以降も営業可
接待行為可能不可
営業開始までの日数申請から55日から60日前後届出後10日
店舗での検査環境浄化協会の検査がありますなし
人的な欠格事由ありなし

関連記事