葛飾区の新小岩、葛西でバーやガールズバーを開業するには

葛飾区の警察署に深夜酒類提供飲食店営業の申請をするには

葛飾区には、「葛飾警察署」「亀有警察署」の2つがあります。
下記に各警察署のご案内をしています。
東京都葛飾区でバーやガールズバーなどを開業するには、保健所から「飲食店営業」の許可を取得してから、管轄する警察署に「深夜酒類提供飲食店営業」の届出申請手続きをします。
永井行政書士事務所では、面倒な図面作成については、店舗での測量をレーザー測量器を使用して、図面の作成はCADソフトを使用して正確で分かりやすい図面を作成し、都内での「低価格な料金設定」を設定しています。
「深夜酒類提供飲食店営業」の届出の申請手続きを営業所面積が50㎡まで5.5万円(税別)、飲食店営業許可との同時申請では7.5万円(税別)でお請けしています。
当事務所では、お客さまに代わり、警察署への申請を代行いたします。
これから深夜酒類提供飲食店営業の開業をお考えの方は、一度ご連絡ください。

開業に必要な手続き

ここでは、バーやガールズバーを「深夜酒類提供飲食店営業」で開業する為の概要を解説します。

1.飲食店の許可取得します

バーやガールズバーを開業するためには、所轄の保健所に申請します。
申請後に、保健所の立ち会い検査を受り、その後1週間以内に「飲食店営業許可証」を取得できます。
申請に際して必要な書類は、以下の通りです。
※ 申請の際に飲食店許可申請手数料、18.300円を支払いします。

飲食店営業許可申請書類
店舗周辺の地図
店舗の平面図
食品衛生責任者の手帳
(これから講習会を受ける方は誓約書)
水質検査成績書

2.深夜酒類提供飲食店営業開始届出を申請

飲食店営業許可証を取得したら、次は所轄の警察署に深夜における酒類提供飲食店の営業を開始するための届出を行います。
届出に際して必要な書類は、以下の通りです。

1.深夜における酒類提供飲食店営業開始届出書
2.営業の方法を記載した書類
3.営業する関する書類(警察署により必要です)
  使用承諾書
  賃貸借契約書
  など
4.店舗周辺の地図
5、営業所の平面図
6.営業所の求積図
7.客室・調理場の求積図
8.照明、音響設備図
9.飲食店営業許可証の写し
10.住民票(本籍入り)
11.申請者が法人の場合は
 ・商業登記簿謄本
 ・定款の写し
 ・役員の住民票(本籍入り)

葛飾警察署

葛飾警察署

【電話】03・3695・0110㈹
【警察署所在地】
 〒124-0012:
葛飾区立石二丁目7番9号
【管轄】
葛飾区のうち柴又1~7丁目、金町浄水場、金町1~6丁目、東金町1~8丁目、東水元1~6丁目、西水元1~6丁目、水元公園、南水元1~4丁目、水元1~5丁目、新宿1~6丁目、高砂6~8丁目、 青戸2丁目(1~3・7番を除く)、同3丁目(1~19番)、同4~8丁目、堀切5~8丁目、小菅1~4丁目、東堀切1~3丁目、お花茶屋1~3丁目、西亀有1~4丁目、亀有1~5丁目、白鳥1~4丁目

亀有警察署

亀有警察署

【電話】03・3607・0110㈹
【警察署所在地】
〒125-0051:葛飾区新宿四丁目22番19号
【管轄】
柴又1~7丁目、金町浄水場、金町1~6丁目、東金町1~8丁目、東水元1~6丁目、西水元1~6丁目、水元公園、南水元1~4丁目、水元1~5丁目、新宿1~6丁目、高砂6~8丁目、 青戸2丁目(1~3・7番を除く)、同3丁目(1~19番)、同4~8丁目、堀切5~8丁目、小菅1~4丁目、東堀切1~3丁目、お花茶屋1~3丁目、西亀有1~4丁目、亀有1~5丁目、白鳥1~4丁目

電話