新宿区でバーやガールズバーを開業/深夜酒類提供飲食店営業届出

新宿区でバーやガールズバーを申請

永井行政書士事務所ではバーやガールズバーなどの開業サポートを5.5万円(税別)、飲食店営業許可との同時申請では7.5万円(税別)でお請けしています。
新宿区で申請をするには、お店を管轄する「牛込警察署]「新宿警察署」「戸塚警察署]「四谷警察署」のいずれかに申請をします。
これから深夜酒類提供飲食店営業の開業、若しくは風俗営業の許可をお考えの方は、一度ご連絡ください。
風営法に詳しい行政書士が迅速に手続きをいたします。

「牛込警察署]「新宿警察署」「戸塚警察署]「四谷警察署」のご案内

新宿区の警察署

牛込警察署

【警察署所在地】
〒162-0854 東京都新宿区南山伏町1-15
【電話】03-3269-0110
【管轄区域】
神楽坂1~6丁目、揚場町、津久戸町、下宮比町、新小川町、筑土八幡町、白銀町、赤城元町、赤城下町、東五軒町、西五軒町、築地町、水道町、改代町、中里町、山吹町、天神町、矢来町、横寺町、岩戸町、袋町、若宮町、払方町、納戸町、南町、中町、北町、簞笥町、細工町、二十騎町、南山伏町、南榎町、市谷仲之町、市谷薬王寺町、北山伏町、市谷柳町、市谷山伏町、市谷甲良町、市谷加賀町1・2丁目、市谷木村町、市谷八幡町、市谷佐内町、市谷長延寺町、市谷鷹匠町、市谷砂土原町1
~3丁目、市谷船河原町、神楽河岸、市谷田町1~3丁目、東榎町、榎町、弁天町、喜久井町、原町1~3丁目、若松町、戸山1・2丁目、同3丁目(21 番を除く)、高田町、西早稲田2丁目(1 番の一部、2 番)、馬場下町、早稲田南町、早稲田町、早稲田鶴巻町、余丁町(8 番の一部を除く)、富久町、住吉町(8 番の一部を除く)、市谷台町、市谷河田町、河田町

新宿警察署

新宿警察署
【警察署所在地】
〒160-8314 東京都新宿区西新宿6-1
【電話】03-3346-0110
【管轄区域】
新宿3丁目(15・17 番の各一部、18~29 番、31 番の一部、33~38 番)、同5丁目(12~14 番の各一部、18 番の一部)、同6・7丁目、歌舞伎町1丁目(1 番の一部を除く)、同2丁目、西新宿1~8丁目、北新宿1~4丁目、余丁町(8 番の一部)、大久保1~3丁目、百人町1~3丁目

戸塚警察署

戸塚警察署
【警察署所在地】
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田3-30-13
【電話】03-3207-0110
【管轄区域】
戸塚町1丁目、西早稲田1・2丁目(1番の一部及び2番を除く)、同3丁目、高田馬場1~4丁目、百人町4丁目、戸山3丁目(21番)、下落合1~4丁目、上落合1丁目(30番を除く)、同2・3丁目、西落合1~4丁目、中落合1~4丁目、中井1・2丁目
(中野区東中野5丁目30番)

四谷警察署

四谷警察署
【警察署所在地】
〒160-0017 東京都新宿区左門町6-5
【電話】03-3357-0110
【管轄区域】
左門町・須賀町・坂町・内藤町・愛住町・舟町・荒木町・片町・霞岳町・霞ヶ丘町・本塩町・三栄町・大京町・四谷1~4丁目・若葉1~3丁目・南元町・信濃町・住吉町(8番の一部)・新宿1~3丁目(15番及び17番の各一部、18番から29番まで、31番の一部並びに33番から38番までを除く。)・新宿4・5丁目(12番から14番までの各一部及び18番の一部を除く。)・歌舞伎町1丁目(1番の一部)

バーやガールズバーの申請をするには

バーやガールズバーは、基本的に深夜酒類提供飲食店として、風営法上の届け出が必要。
警察署に深夜酒類提供飲食店の届出をすることで営業を行う事が出来ます。
深夜酒類提供飲食店営業の申請に必要な図面作成(平面図、求積図、照明・音響図など)について CADを使用して正確で迅速な図面を作成しています。

深夜酒類提供飲食店営業

風俗営業と深夜営業許可の違いとは

接待行為の有無が、風俗営業許可第1号と深夜酒類提供飲食店との大きな違いです。

更に詳しい内容については、以下の表をご覧ください。

風俗営業許可深夜酒類提供飲食店
接待行為は可能不可能
営業時間原則午前0時まで24時間可能
申請から営業開始まで申請から55日前後申請から10日後
電話1