千代田区で居酒屋を開業するには

居酒屋 深夜酒類提供飲食店営業

千代田区で居酒屋を開業するには、保健所から「飲食店営業許可」を店舗を管轄の保健所に申請をします。
また、深夜0時以降に居酒屋を営業する場合は管轄の警察署に「深夜酒類提供飲食店営業」の届出が必要になります。
永井行政書士事務所では開店準備で忙しいお客様に代わり飲食店営業許可や深夜酒類提供飲食店営業の届出申請手続きを代行致します。
永井行政書士事務所では、深夜酒類提供飲食店営業の届出業務費用は低価格な55.000円(税別)で受任しています。
これから営業をお考えの方は、お電話にて一度、ご相談を下さい。
専門の行政書士が詳しくご説明いたします。

千代田区の保健所

飲食店営業許可の申請は下記の千代田区の保健所に申請をします。

千代田区の保健所

千代田保健所
[所在地]〒102-0073千代田区九段北1-2-14
[電 話]03-5211-8161

千代田区の警察署

千代田区で居酒屋などの深夜酒類提供飲食店営業の営業を開業するには、営業所を管轄する警察署に申請をします。
中央区には神田警察署と万世橋警察署、麹町警察署、丸の内警察署があります。
これから深夜酒類提供飲食店営業をお考えの方は一度、管轄の警察署をご確認ください。

神田警察署

〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3丁目3番2号 
電話:03-3295-0110(代表)
管轄エリア
内神田1丁目~2丁目、内神田3丁目(1番から6番まで、8番から11番まで並びに15番、16番及び24番)、神田淡路町、神田小川町、神田神保町、神田駿河台、神田多町、神田司町、神田錦町、神田三崎町、神田美土代町、猿楽町、西神田、一ツ橋2丁目

万世橋警察署

〒101-8623 東京都千代田区外神田1丁目16番5号
電話:03-3257-0110(代表)
管轄エリア
鍛冶町、神田相生町、神田和泉町、神田岩本町、神田鍛冶町、神田北乗物町、神田紺屋町、神田佐久間河岸、神田佐久間町、神田須田町、神田富山町、神田西福田町、神田練塀町、神田花岡町、神田東紺屋町、神田東松下町、神田平河町、神田松永町、神田美倉町、外神田、東神田

麹町警察署

〒102-0083 東京都千代田区麹町1丁目4番地5 
電話:03-3234-0110(代表)
管轄エリア
飯田橋、一番町、霞が関2・3丁目、紀尾井町、北の丸公園、九段北、九段南、麹町、五番町、三番町、千代田(皇居の存する区域を除く)、永田町、二番町、隼町、一ツ橋1丁目、平河町、富士見、四番町、六番町

丸の内警察署

〒100-0005 千代田区丸の内3丁目8番1号(仮庁舎)
電話:03-3213-0110(代表)
管轄エリア
内幸町、大手町、霞が関1丁目、皇居外苑、千代田(皇居の存する区域)、日比谷公園、丸の内

居酒屋の開業までの流れ

1 お問い合わせ

お電話でのご相談をお受けしています。
お客様のご希望する内容をお聞きして打ち合わせを致します。

2 店舗の測量

こちらから店舗にお伺いして客室や調理場を、レーザー測量機を使用して測量致します。保健所や警察署に申請する要件に変更要件などがあれば修正をお願いします。

3 飲食店営業許可の申請

新規でこれから「飲食店営業許可」を取得する場合は、申請書類を作成して保健所の立ち会い検査を行います。

4 書類、図面作成

「深夜酒類提供飲食店開業届出」に必要な書類や平面図、客室調理場求積図、営業所求積図、照明音響図などCADソフトを使用して作成致します。

新規開業の方でメニュー表が無い際はシステムなどをお聞きして作成致します。

5 警察署に申請

警察署に「深夜酒類提供飲食店開業届出」の申請を致します。警察署には基本的に同行をお願い致します。
質問事項が想定される内容を打ち合わせします。

申請後、10日ほどで営業所に環境浄化協会や消防署などの立ち入り検査があります。

申請受理後、概ね55日で「風俗営業許可」の営業出来ます。

申請する書類について

深夜酒類提供飲食店営業開始届における申請書類は次のとおりです。

1 深夜酒類提供飲食店営業開始届出書
2 営業の方法
3 近隣の地図
4 営業所の平面図
5 営業所の求積図
6 客室・調理場の求積図
7 照明・音響設備図
8 申請者の住民票(本籍地記載)
9 飲食店営業許可証の写し
10 メニュー表、料金表
11 申請者が法人の場合はさらに
登記事項証明書、定款の写し。役員全員の住民票(本籍地記載)
※外国人については住民票に加えて在留カードの写しを提出します。

居酒屋78
電話3