中央区の銀座などでバーやガールズバーを開業するには/5.5万円

中央区の警察署に深夜営業の届出を申請をするには

中央区の銀座や日本橋などでガールズバーやバーを開業するには、保健所から「飲食店営業許可」を取得してから、管轄する警察署に「深夜酒類提供飲食店営業」の届出申請手続きをします。
行政書士永井事務所では、打ちあわせの後、店舗の測量から警察へ提出する書類、図面の作成、警察署への書類提出までを行います。図面は図面作成用のCADソフトを用いて作成いたします。

東京都中央区で申請をするには、飲食店営業許可を取得してからお店を管轄する「築地警察署」「中央警察署」「久松警察署」「月島警察署」のいずれかに申請をします。下記に警察署の案内を掲示していますので一度ご覧ください。
これから深夜酒類提供飲食店営業の開業をお考えの方は、一度ご連絡ください。
風営法に詳しい行政書士が迅速に手続きをいたします。

申請に必要な書類とは

深夜営業申請に必要な書類は以下の通りです。

  1. 深夜酒類提供飲食店営業開始届出申請書
  2. 近隣の地図
  3. 営業所の平面図
  4. 客室、調理場の求積図
  5. 営業所の平面図
  6. 照明・音響設備図
  7. メニュ-表、料金表
  8. 住民票(本籍入り)
  9. 飲食店許可書の写し
  10. 法人の場合は
     役員全員の住民票(本籍入り)、定款の写し、履歴事項証明書

風俗営業と深夜営業の違いとは

上記でも説明した通り、接待行為の有無が、風俗営業許可第1号と深夜酒類提供飲食店との大きな違いです。

更に詳しい内容については、以下の表をご覧ください。

風俗営業許可深夜酒類提供飲食店
接待行為は可能不可能
営業時間原則午前0時まで24時間可能
申請から営業開始まで申請から55日前後申請から10日後

気をつけたい接待行為の例

下記に説明をする行為接待行為と判断されることになりますので営業については注意が必要になります。

カラオケなど


特定少数に対して、歌うことを勧める行為。また、その客の歌に手拍子をしたり、拍手をしたり、褒めはやす行為、またはデュエットなどの行為は風営法の接待に当たります。
一方で、お客さんがカラオケを勝手に歌うぶんには接待に該当しません。カラオケスナックなどは、一律には接待行為に該当しないということになります。

ゲーム等



特定少数の客と一緒に、遊戯、ゲーム、協議等を行う行為は接待に当たります。
これに対して、客同士で遊戯、ゲーム、協議等を行わせる行為は、接待に当たるとは言えません。

その他

客と身体を密着させたり、手を握る行為は、接待行為に該当します。
ただし、社交儀礼上の握手や酔客の解放のために必要な限度で接触する場合は、接待行為には該当しません。

「築地警察署」「中央警察署」「久松警察署」「月島警察署」のご案内

中央警察署

中央警察署
【所在地】
〒103-0026:中央区日本橋兜町14番2号
【電話】03-5651-0110
【管轄区域】
日本橋本石町1~4丁目、日本橋本町1~4丁目、日本橋室町1~4丁目、日本橋小舟町、日本橋堀留町1~2丁目、日本橋大伝馬町、日本橋小伝馬町、日本橋1~3丁目、八重洲1・2丁目、日本橋兜町、日本橋茅場町1~3丁目、京橋1~3丁目、新川1・2丁目、八丁堀1~4丁目

築地警察署

築地警察署
【所在地】
〒104-0045:中央区築地一丁目6番1号
【電話】03-3543-0110
【管轄区域】
銀座1~8丁目、築地1~7丁目、浜離宮庭園、新富1・2丁目、入船1~3丁目、湊1~3丁目、明石町

久松警察署

久松警察署
【所在地】
〒100-0005:中央区日本橋久松町8番1号
【電話】03-3661-0110
【管轄区域】
日本橋久松町、日本橋浜町1~3丁目、日本橋富沢町、日本橋人形町1~3丁目、日本橋小網町、日本橋蛎殻町1・2丁目、日本橋馬喰町1・2丁目、東日本橋1~3丁目、日本橋横山町、日本橋中州、日本橋箱崎町

月島警察署

月島警察署
【所在地】
〒104-0053:中央区晴海三丁目16番14号
【電話】03-3534-0110
【管轄区域】
佃1~3丁目、月島1~4丁目、勝どき1~6丁目、豊海町、晴海1~5丁目

連絡先