スナックの開業に必要な許可とは

一概にスナックといってもいろいろな営業スタイルがありますが、最も多いと思われるのはカウンター越しにお酒や軽食を出したり、ママやキャストとの会話を楽しんだり客の要望に応えてカラオケをセットしたり、そして営業時間は午前0時以降の深夜まで及ぶといったスタイルではないでしょうか。
スナックの特徴は、接客がカウンター越しなこと。ラウンジやキャバクラのように、お客様の隣に女性が座って接客は行いません。
そのため、風営法で規定されている接待行為を行わないスナックでは風俗営業許可の必要はなく、飲食店営業許可を取得すれば開業できます。
午前0時以降の深夜まで営業するには「深夜酒類提供飲食店営業」の届出が必要です。スナックと呼ばれる店の多くはこのような深夜まで営業しているでしょう。

「深夜酒類提供飲食店の届出」とは

スナックなどを開業するには、保健所から飲食店営業の許可を取得してから、管轄する警察署に「深夜酒類提供飲食店の届出」の申請手続きをします。深夜営業でお酒を主に扱っているお店は風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)という法律で規制されます。
永井行政書士事務所では、風営法を専門とする行政書士事務所です。
報酬費用についても低価格の50㎡までは深夜酒類提供飲食店営業の届出5.5万円(税別)でサポートしています。
開業についてのお悩みやご不明がある方は、まずは、お電話での打ち合わせでご相談、お問い合わせください。
風営法専門の行政書士が迅速に対応いたします。

「深夜酒類提供飲食店」に必要な要件

届出については必要になる様々な要件が必要になります。要件はかなり細かいでですが、下記にまとめておきます。

地域に関する条件

条例によって深夜種類提供飲食店営業をしてはいけない地域が定められています。
東京都では「住居専用地域」、「住居地域」が禁止地域となっています。現実的には、多くのケースで「商業地域」や「近隣商業地域」に出店することになるのではないでしょうか。

これから出店しようとしている物件の所在地がこの禁止地域に該当していないか、物件の契約をする前に必ず確認しなくてはなりません。

施設に関する要件

お店の施設の条件は以下の通りとなります。

  • 客室の床面積が9.5㎡以上であること(客室が1室の場合は制限はありません)
  • 客室に見通しを妨げる設備(1m以上の衝立や仕切りなど)がないこと
  • 客室の出入り口に施錠の設備を設けないこと(営業所の外に直接通ずる客室の出入り口は除きます)
  • 営業所内の照度を20ルクス以下としないこと
  • 騒音または振動を条例で定める数値以下とすること

これらの施設の条件を満たさないと深夜営業はできません。

接待の注意点

注意しなくてはならないのは、深夜酒類飲食店の届出をした店の場合、客にお酌をしたり、特定の客やグループに対して談笑相手になったり、カラオケでデュエットしたりといった行為ができないということです。風営法においてこれらの行為は「接待行為」と呼び、その内容が具体的に決められています。特に、テーブル、ボックス席がある店の場合にありがちな、次のような接客もやはり「接待行為」にあたるためできません。

  • 客のそばに座って水割りを作る
  • タバコの火を点けてあげる
  • 席で客と一緒にお酒を飲む
  • 客の手や肩に触れたりといったスキンシップをする

もしこれらを伴う営業を行いたいのであれば、風俗営業許可を取得する必要があります。

しかしその場合、深夜0時以降の営業を許可する「深夜酒類提供飲食店営業許可」は取得できなくなるので注意。

お店の営業スタイルに合わせた許可を取得した上で、しっかりと規則を守って経営を行なっていきましょう。

「風俗営業許可」で営業するには

営業スタイルとしてお酌をしたり、カラオケでデュエットしたりという、客と近い距離感での接客にこだわるならば、「深夜酒類提供飲食店営業」ではなく「風俗営業の1号許可」をとる必要があります。

風俗営業ならば、上記のような接待行為をすることができますが、それと引き換えに午前0時以降の営業ができなくなってしまいます。(一部地域は午前1時まで可能)
ただ注意点として、風俗営業許可は「深夜酒類提供飲食店営業許可」と併用して取得することはできません。

つまり、風俗営業許可を取得した場合は接待を行えるが、深夜0時以降は営業できない。
深夜酒類提供飲食店営業許可を取得した場合は深夜0時以降も営業できるが、接待は行えないので、どちらの営業スタイルにするか選ぶ必要があると言うことです。