深夜酒類提供飲食店営業の届出をサポートします。

バー、スナック、ガールズバー、居酒屋などで「深夜酒類提供飲食店営業」の申請をするには、保健所から「飲食店営業許可」を取得してから、警察署に「深夜酒類提供飲食店営業」の申請をします。
警察署で深夜酒類提供飲食店営業を申請してから、東京都では、10日後から深夜営業が開始できます。
これから営業をお考えの方は一度、実績豊富な風営法専門の永井行政書士事務所にご相談、ご依頼下さい。

報酬手数料

場所の要件

東京都では以下の住居地域などが営業が制限されています。

  • 第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、第一種中高層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域、第一種住居地域、第二種住居地域、準住居地域として定められている地域

深夜営業の営業時間とは

深夜酒類提供飲食店営業は、24時間営業が可能です。
ただし、接待行為はできませんので接待をするには風俗営業許可が必要になります。
風俗営業許可と深夜酒類提供飲食店営業開始届出はどちらかしかできません。

※風俗営業1号許可(キャバクラ、クラブ等)の場合、営業時間は午前0時(場所により午前1時)までとなります。

設備の要件

深夜酒類飲食店を開業するには下記の要件を満たす事が必要です。

  • 客室の床面積は、一室の床面積を9.5㎡以上とすること。
    ただし、客室の数が一室のみである場合は、この限りでない。
  • 客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと。(設備は、1m未満とする)
  • 善良の風俗又は清浄な風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾その他の設備を設けないこと。
  • 客室の出入口に施錠の設備を設けないこと。
    ただし、営業所外に直接通ずる客室の出入口については、この限りでない。
  • 営業所内の照度が20ルクス以下とならないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。
  • 騒音又は振動の数値が条例で定める数値に満たないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。

深夜酒類提供飲食店営業での禁止行為について

■客引きは禁止とされています
客引きのため、道路で立ちふさがるなどは客引き行為とされています。
■18歳未満の者に接待をさせること
お客さんの隣や前に座り、お酌をしたり、会話を続けるなどの行為はできません。
■午後10時~午前6時に18歳未満の者に接客業務をさせること
客席まで飲み物を運ぶなどが該当します。
■18歳未満の者を客として立ち入らせること
お店の出入口に、「18歳未満の方の入店はお断り」の掲示をします。
18歳以下の未成年か分らない場合は店の方が身分証明書で確認をします。
■20歳未満の者に酒・たばこを提供すること
お店の客室に「20歳未満の方へ酒・たばこを提供しません」と掲示しておきます。

深夜営業では0時以降は「遊興」は禁止されています。

  1. 不特定の客にショー、ダンス、演芸その他の興行等を見せる行為
  2. 不特定の客に歌手がその場で歌う歌、バンドの生演奏等を聴かせる行為
  3. 客にダンスをさせる場所を設けるとともに、音楽や照明の演出等を行い、不特定の客にダンスをさせる行為
  4. のど自慢大会等の遊戯、ゲーム、競技等に不特定の客を参加させる行為
  5. カラオケ装置を設けるとともに、不特定の客に歌うことを勧奨し、不特定の客の歌に合わせて照明の演出、合いの手等を行い、又は不特定の客の歌を褒めはやす行為
  6. バー等でスポーツ等の映像を不特定の客に見せるとともに、客に呼び掛けて応援等に参加させる行為

深夜営業の申請書類

深夜酒類飲食店営業の申請には、下記の書類をそろえて、管轄する警察署に申請をします。

  1. 深夜における酒類提供飲食店営業営業開始届
  2. 営業の方法の書類
  3. 営業所の周辺の地図
  4. 営業所の平面図
  5. 客室・調理場の求積図
  6. 営業所の求積図
  7. 営業所の照明・音響設備図
  8. 住民票(本籍地記載)
  9. 飲食店営業許可証の写し
  10. 賃貸契約書の写し
    (警察署によって必要)
  11. メニュー表、料金表
  12. 申請者が法人の場合は会社の履歴事項証明書、定款の写し、役員全員の本籍地記載の住民票
電話

ガールズバーの開業はこちらから

居酒屋の開業はこちらから