接待行為について

接待行為について

接待3

「深夜酒類提供飲食店」をする場合の注意としては、お客さんと継続して談笑をしたり、カラオケでお客さんとデュエットをするなどの行為は「接待行為」とされ、これらの「接待行為」を行う場合は「風俗営業許可」の取得が必要とされています。


カウンター越しでの会話(談笑相手になったりする)であれば接待行為に当たらないのでとのお話を聞きますが警察の判断では、接待行為とされることも、あるので注意が必要です。
風営法では接待行為とは、歓楽的雰囲気を作り出してお客さんをもてなすこととされています。

次に、どのような行為が接待行為に当たるのか具体的に説明します。

接待行為の具体例

風俗営業接待

1 談笑・お酌等

特定のお客の近くについて、継続して談笑相手になったり、お酒などをお酌する行為がこれに当たります。
このため、お酒や酒肴などの飲食物を運ぶだけで、談笑相手になったりしなければ接待行為になりません。
カウンター越しで、お客さんの注文を受けて飲食物を提供するだけであれば、接待行為にはなりません。

2 歌唱等

特定のお客の近くについて、そのお客さんに歌を歌うことを勧めたり、お客さんの歌に合わせて手拍子をしたりするなど、又、褒めはやす行為や一緒に歌う行為は接待行為になります。

3 ショー等

特定のお客さんに対して、従業員などがショーや歌、踊りを見せたり聞かせたりすることは接待行為になります。

4 ダンス

特定のお客さんの相手になってその身体に触れながら、そのお客さんにダンスをさせることは接待行為になります。
又、お客さんと一緒にダンス踊ることも接待行為になります。

5 遊戯等

特定のお客さんと共に、遊戯、ゲーム、競技などを行うことは接待行為になります。
お客さんが一人、又はお客さん同士でこれらを行うことは、直ちに接待行為に当たらないとされています。

6 その他

お客さんと身体を密着させたり、手を握るなど、お客さんの身体に接触することは、接待行為になります。
又、お客さんの口もとまで飲食物を差し出し、飲食をさせる行為も接待行為になります。

まとめ

これらの行為は全て接待行為に当たりますので、一つでも当てはまる場合は、風俗営業の許可を取得するようになります。